kaiketubana2.jpg
 

労働問題の解決事例

持ちかけられた相談(顧問企業先からの相談)

 顧問企業・人事担当の方より,「技術者として雇入れた従業員がいます。何度も戒告の処分をしていますが,残業時間を過大に申告していることが判明しました。本人のため,会社のために最も穏便な解決方法はないでしょうか。」という旨のメールをいただきました。
 

当事務所による解決

1 面談の設定
 メール確認後,直ちに弁護士が面談の日程調整をしました。その上で,弁護士が企業に出向き,人事担当の方と面談による打ち合わせをしました。
2 直接交渉
 弁護士が従業員本人と直接面談しました。
 従業員は辞職と言う形をとるが,以後は請負者として,業務を継続していくこととなりました。
3 書式のアドバイス
 さらに,人事担当の方との打ち合わせの際に見せてもらった企業内の書式について,誤解されやすいとして書式の修正をアドバイスしました。


 

債権回収の解決実績

持ちかけられた相談

 企業・経理担当の方より「取引先への代金債権が150万円ほどあるが長いこと未収になっている。何度催促しても支払われない。相手先に売掛債権があるとわかったので,回収できないだろうか」という内容の相談を受けました。
 

当事務所による解決

1 「債権の仮差押」の提案
 「仮差押」による確保を提案,企業の受任を得て直ちに取りかかりました。
2 仮差押申立書の作成・提出
 受任から2日後に仮差押えを裁判所に申し立て。翌日に仮差押命令がだされました。(受任から3日で仮差押えを実現しました。)
3 直接交渉
 仮差押後,弁護士が取引先に直接連絡を取り,任意による支払い交渉を行いました。
4 債権回収の実現
 結果,相手が未収代金に20万円を加算した額を支払う代わりに,仮差押えを取り下げることとなりました。



大分みんなの法律事務所


〒870-0026
大分市金池町二丁目1番3号
レインボービル5F

TEL097-574-7225 / FAX 097-574-7325

-->