s_相続バナー.jpg

遺産分割の流れ

遺言がある場合

 原則的には、遺言に従って、遺産を分割していきます。
 しかし、遺言書は、必ずしも法的に有効なものでなかったり、遺言書に書いている内容をそのまま実行すべきではないことなどがあります。
 

 1 遺留分を侵害する内容の遺言

 相続人には、遺言の内容にかかわらず、「遺留分」といって、相続財産の中から一定割合を取得できる権利があります。
 遺言が、ある相続人の遺留分の権利を侵害するような内容である場合は、その相続人は、
遺留分減殺請求
(遺留分を確保するために他の相続人の取り分を少なくするよう請求すること)
が可能です。
(※例えば、兄弟が3人いるのに、「長男に全てを相続させる。」というような遺言の場合には、他の兄弟2人は遺留分を侵害されることになるので、長男に対して、遺留分減殺請求を行うことができます。)
(※遺留分減殺請求には、期限がありますので、早期のご相談をおすすめします。)

 

 2 遺言の形式や作成過程に問題がある場合

 遺言書は存在するが、「手書きで書かれていない。」、「遺言書の日付の時期には被相続人
は既に重度の認知症にあった。」などという場合
には、その遺言書が法的に有効なものなのか
どうかを検証しなくてはなりません。
 場合によっては,被相続人の認識能力を図るため医療記録を取り寄せるなどして、被相続人
の認識能力が遺言を作成するに足るものであるかなどを調査する必要があるでしょう。
    
 遺言書の内容や作成経緯などに疑問がある場合には、できるだけ早めに弁護士にご相談ください。
 

遺言がない場合

 遺言がない場合には、まずは、相続人全員による遺産分割協議書の作成を考えます。
 相続人同士での協議がまとまらない場合は、家庭裁判所で裁判官や調停委員など第三者を
交えた遺産分割調停を行います。
 遺産分割調停でも、相続人間の話合いがまとまらなければ、最終的には、裁判所が遺産分割の審判をします。
  
 遺産分割協議書、遺産分割の調停調書、遺産分割の審判書のいずれかがなければ、不動産登記名義の変更や預金の引き出しなどの遺産相続に関する手続を行うことはできません。
 

 1 相続人・遺産調査

 相続が発生した際には、まず、遺産を調査と相続人の調査をしなければなりません。
    
 特に相続人の調査は重要です。
 遺産分割協議は、相続人全員で行わなければ無効となるので、相続人は、戸籍をたどって,自分の把握していない相続人がいないかを、きちんと確認する必要があります。

 

 2 遺産分割協議

 遺産分割協議とは、相続人同士で、遺産の分け方について話し合うことです。
 遺産分割協議によって遺産の分け方が決まった場合は、遺産分割協議書を作成します。

 

 3 遺産分割調停

 遺産分割協議がまとまらない場合には、家庭裁判所に遺産分割調停の申し立てをします。
 家庭裁判所では、裁判官と調停委員(調停の進行を務める識者)が間に立ち、相続人間で遺産の分け方についての話し合いを行います。専門的知識を持つ第三者が間に立つことで、相続人同士での話し合いに比べ、法的に意味のある争点に絞った話し合いができ、感情的な対立も緩和されることから、話し合いがスムーズに進む場合が多いです。
 調停になった場合には、相続人は弁護士に依頼せずに自ら調停の手続を進めることもありますが、調停を有利に進めるためには、弁護士に依頼をすることが望ましいと言えます。

 

 4 審判

 調停手続の中で、相続人間で合意ができなかった場合は、審判手続に移行します。
 審判とは、裁判官が遺産分割の方法を、相続人の意向にかかわらず、決定する手続です。

 

 5 訴訟が必要になる場合

 遺言書の有効性や相続財産の範囲(ある財産が遺産に当たるかどうか)に問題がある場合には、訴訟を提起することになります。
 
 相続をきっかけに、親兄弟の仲が決裂してしまうケースがよくあります。これは、「法的な知識が不足しているせいで、お互いに無理な要求をし合って譲らない。」といったことや、「相続の争いの場で積年の恨みをぶつけ合い、感情的にもつれてしまって円満な話合いができない。」といったことなどが原因です。相続の問題を、法的な専門知識を有する第三者である弁護士に依頼することで、適切に冷静に話し合いを進めることができます。
 相続をきっかけに、家族の縁を失わないようにするためにも、相続が発生した場合には、まずは、できるだけ早く弁護士に相談することが大事です。
 
 
 

その他の個人分野も合わせてご覧ください

離婚・男女問題 相続・遺言問題 労働問題

大分みんなの法律事務所


〒870-0026
大分市金池町二丁目1番3号
レインボービル5F

TEL097-574-7225 / FAX 097-574-7325

-->