相続放棄・限定承認

1 相続放棄とは

 相続放棄とは,「被相続人(亡くなった方)の相続人が,被相続人を一切相続しない」ということです。
 本来,ある人が亡くなった場合,その時点で,相続人(配偶者や一定の親族)に相続が発生し,亡くなった方の財産,借金,契約上の地位が相続人に引き継がれます。
 相続放棄とは,亡くなった方の財産や借金を引き継がないと宣言することなのです。
 

2 相続放棄が必要になる場合

マイナスの財産が多い場合

 相続放棄をすれば,「亡くなった方の財産を引き継げない」というデメリットはありますが,「亡くなった方の借金を引き継がないで済む」というメリットがあります。
 
 したがって,亡くなった方にプラスの財産(土地,建物,現金,預金,売掛金債権など)が少なく,マイナスの財産(借金,滞納金,買掛金債務など)が多い場合には,相続人は,相続放棄をすることによって,亡くなった方の借金を引き継ぐことなく相続を終わらせることができます。
 

一人の相続人に財産を集めたい場合

 「家業を一人に継がせたい」などの理由で,亡くなった方の財産も借金も,全て一人の人に集中させたいという場合もあります。
 この場合も,他の相続人全員が相続放棄をすることで,一人の相続人に財産を集めることができます。
 

3 相続放棄には期間がある

 注意を要するのは,相続放棄は,「相続の開始があったことを知った時から3か月以内」に家庭裁判所に届け出なければならないということです。
 配偶者や父母が亡くなったことが判明した場合には,相続放棄をする必要があるときは迅速に届け出なければいけません。
 もし,被相続人が亡くなったことを知りながら3か月が経過してしまった場合には,相続は確定し(単純承認といいます),亡くなった方の財産も借金も引き継ぐこととなります。
 

4 限定承認とは

 限定承認とは,亡くなった方の財産を,「プラスの財産の限度で,マイナスの財産を引き継ぐ」というものです。
 突然,ある人が亡くなった場合に,その人にプラスの財産が多いかマイナスの財産が多いかは,直ちに判明するものではありません。
 限定承認は,「被相続人の財産がトータルでプラスであれば引き継ぐが,トータルでマイナスであれば,引き継がない」と宣言することです。
 限定承認を家庭裁判所に届け出ていれば,少なくとも,亡くなった方の借金を肩代わりする可能性はなくなります。
 限定承認にも3か月という期間がありますので,被相続人に借金が多いかもしれないという場合には,限定承認の届出を検討する必要があります。
 

5 弁護士に相談するということ

 相続放棄や限定承認の届け出は,司法書士の業務範囲でもあります。
 しかし,相続放棄や限定承認を検討する場合には,その効果を正しく理解していなければなりません。また,遺産の全体像を把握し,相続人同士でも話をしておく必要があることがほとんどです。
 相続について問題があり,相続放棄などの手続きを採ろうとする場合には,まず弁護士に相談し,その効果の具体的な説明を受けた上で判断することをおすすめします。




その他の個人分野も合わせてご覧ください

離婚・男女問題 相続・遺言問題 労働問題

大分みんなの法律事務所


〒870-0026
大分市金池町二丁目1番3号
レインボービル5F

TEL097-574-7225 / FAX 097-574-7325

-->