s_相続バナー.jpg

「相続放棄」・「限定承認」

1 相続放棄とは

 夫が亡くなった後,夫が多額の借金をしていることを知った妻はどうするのが良いのでしょう。
 このまま放置していると,借金も相続することになるので,残された妻だけが相続人であれば,妻が多額の借金を背負うことになってしまいます。
妻が到底支払うことができない借金ならば,相続放棄してしまうのが一つの手です。
 
 そこで,以下では,相続放棄のお話をします。
 

2 相続放棄の方法

 相続放棄の手続とは「財産がプラスであろうとマイナス(借金等の債務)であろうと相続しない」という手続です。
 
 相続放棄は,家庭裁判所に行って相続放棄の「申述」をすることによって行えます。
 

3 相続放棄で注意すべきこと――熟慮期間

 手続上,最も注意しなければならないのが,期間制限です。
 通常ならば,自分が相続人になったことを知った時(=被相続人が亡くなったことを知った時)から3か月以内に申述する必要があります(この3か月を「熟慮期間」といいます。)。
 
 この基準にあてはめると,被相続人に財産が全くないと信じて,相続放棄をしなかったところ,被相続人が亡くなってから4か月後に借金等の相続財産があることを知った場合には,相続放棄ができず,泣く泣く借金を払う羽目になってしまいそうです。
 判例では,このような場合,財産が全くないと信じた理由が相当であるとき,相続財産があることを知った日,又は知ることができた日から3か月以内に申述すれば良いとされる場合があります。
 

4 相続放棄で注意すべきこと――法定単純承認

 その他に,手続で注意しなくてはならないのが,法定単純承認という制度です。
 法定単純承認とは,法律上,相続することを承認したものとみなしてしまうことをいいます。
 具体的には,結果的に相続財産を売ったり,捨ててしまったりすると,単純承認したものとみなされ,相続放棄ができなくなるおそれが高いです。
 
 ただ,自分が相続人になったことを知らずに,相続財産を結果的に処分してしまった場合には,法定単純承認事由が生じたものとされない場合もあります。
 

5 まとめ

 以上みたとおり,相続放棄は,便利な制度ではありますが,気が付かないうちに利用できなくなってしまうおそれのある制度でもあります。
また,そもそも相続放棄した方が得なのか損なのかは,財産をあらいざらい調査してみなければわかりません。
 また,被相続人が亡くなってから3か月が過ぎてしまった人や,法定単純承認事由が生じてしまったように見える人でも,場合によっては相続放棄ができることもあります。
 
 親族にご不幸があった際,弁護士に相談する気力もなくなる場合は少なくありません。
しかし,さらなる問題を引き起こさないためにも,なるべく早く弁護士にご相談することをお勧めします。




その他の個人分野も合わせてご覧ください

離婚・男女問題 相続・遺言問題 労働問題

大分みんなの法律事務所


〒870-0026
大分市金池町二丁目1番3号
レインボービル5F

TEL097-574-7225 / FAX 097-574-7325

-->